#128 Textile of ANSNAM, by ANSNAM, for ANSNAM

May 24, 2018

久しぶりに生地を作った。
このシダーを始めて以来、実はしばらくぶりのこと。職人さんから提案を受けたり、倉庫を潜ったり、ヨーロッパのビンテージを探したり。それぞれにそれぞれ唯一の良さがあって楽しく、制作の選択の幅が広がり、ここの生地群ほどにバラエティに富んだ場所はなかなかないと、我ながら、奥のイームズに踏ん反り返り、眺めて思ふ。

そして今また、自分の立ち位置に立ち帰らんとす。アンスナムの、アンスナムによる、アンスナムのための政治、あ、じゃなかった、生地。

楽しい。やはりめっちゃ楽しい。大袈裟に言えばまだこの世界にないモノを作り上げる作業。後先周りを考えずひたすらに突き詰める。

中心となる原料は、ジャコブヒツジ。起源はメソポタミアってWikiに書いてあるけど本当かどうかは知らない。旧約聖書に出てくるから、兎に角、紀元前なのは確かで、もうそれ聞いただけでゾクゾクしちゃう。で、そのジャコブを画像検索するとこれ。羊に角。


超絶カッコいい!またしても中2ゴコロにビシバシ来た。こんな姿してたら絶対に糸だってカッコいいはずだと即座に発注。見事にガッサガサのバッキバキ。写真のイメージ通り。(角と毛質はなんら関係ないけど笑)
ここでまず一度、ジャコブオンリーのシングルオリジンで試織。さすがにいいツイードが上がる。空気を孕み軽くてふわり、かつ跳ね返りのある、まるでビンテージのそれだ。このままでも充分に良かったんだけど、更に行こうと、踏み込む、思いつく所までを目指し、思いもよらぬ生地が出来るまで。
ここでリネンを混ぜてみる。その糸は以前に使ったことのある糸で、知ってる人もいると思う。わざわざ繊維の状態の時に粗くザク切りして、それから撚り、ツイードのような質感を作り出す。完全に頭がおかしい、あの糸。
そのリネンとジャコブを撚り合わせる事で、質感を捻じ曲げ、質量を引きずり上げる。

これで行ったろうと、試織を依頼。来る。…また依頼。来る。……また依頼。来る。………また依頼。来る。はい、きた。
気付けば目付け(1㎡あたりの生地の重さ)は850gを越え、当初の想定なぞは値段も含めて遥か彼方へ。そして、出来たのは、眺めてるだけで時間を忘れる生地。
これを使って、コートを二型仕立てました。福岡で披露目ます。
まだ弱冠スケジュールありますので、宜しければ是非。お待ちしてます。
info@ansnam.com
当日のお問い合わせは中野携帯090-4452-3708まで





今週の予定&今週末の福岡オーダー会のお知らせ

May 21, 2018

前回の福岡のオーダー会は、急の告知と、まさかのたった3時間、という恐るべき「別の仕事しに来たついで」感の丸出し。にも関わらず、ご都合の調整をしていただいた方々のおかげで盛況でした。
けどやはり、お越しになれなかった方が多数で。その節は本当ごめんなさい。
ということで今回、再訪。そして遠方の方でも来やすし、博多駅前のホテル、取りました。
スケジュールは以下の二日間です。アポイント制です。メールください。日時決まりましたらホテルをご案内し、当日に部屋番号をお知らせします。info@ansnam.com

5月25日金曜
16:00〜19:00 オーダー会(本当はさ、21:00くらいまでやろうと思えばできるんだけどさ、ほら、ね、九州のご飯、食べたいじゃん)
5月26日土曜
8:00〜8:15 「半分、青い」観賞
10:00〜19:00 オーダー会(ほらさ、一晩じゃ食べきれないでしょう)

という感じです。手編みニット、メジャーメントニットもお持ちします。色のミックスとかちょっと時間かかるので、ニットご検討の方は、アポイントの際にお申し付けください。多分に秋まではもう来れないので、ニットご希望の方はこのタイミングでどうぞ。
ANSNAMの新作コート、レザー、ブルゾン、モッズコート他、MASCADIN, I am dorkなども少しお持ちできればと思ってます。

土曜で福岡のオーダー会は終了ですが、ここからの僕のスケジュールがめちゃカッコイイから詳細まで書いちゃう。

5月27日日曜
5:00 起床
5:40 朝食を食べずに、もったいない素振りも見せずにホテルチェックアウト
6:10 中田ヒデばりのスーツケースの数とともに搭乗カウンターチェックイン
7:10 最近、離陸前に眠れる技術を会得し、ビビらずに福岡発
8:45 できれば着地の衝撃で目覚めたい羽田到着
11:00 華麗に白金台到着
12:00 お客様にはこんな苦労を露とも見せず通常営業

というわけで、日曜は東京です。

あ、あと最後になりましたが、今週木曜も休みます。なので、火〜土は店閉めてます。

宜しくお願い致します。
この前、やっとのことで念願のピクニックに行きました。
他人から見ると、どうやらこの一人ピクニックはかなり気色悪かったらしいけど、本人は最高に楽しかったです。

5/19土曜の閉店時間

May 19, 2018

なんか今日、遅刻したくせに申し訳ないんですけど、18時閉店してもいいですか?
すみません。

(What's the Story) Morning Glory?

May 17, 2018

ついに弊社が、雑誌に掲載されたよ。
恥ずかしくって、ずっと黙ってたけど、言っちゃう。告っちゃう。
「LAST」第14号 2018年6月増刊号。今、店頭。
立ち読みじゃなく、買って読み込むべし。本屋遠いなら通販すべし。
っていうか、うちよりも、タレクの記事が4ページに渡って載っている。読み応えあるよ。

僕の格好が、やれリラックスしすぎだとか、やれパンツが皺くちゃだとか、いろんな意見を頂くが、ここはひとまず、ユニクロを着なかっただけでも褒めて欲しい。そして顔まで出してる。顔射してる。
そして誰かに、僕のその格好がOASISの名盤のコスプレだと、気づいて欲しい。今言っちゃったけど。

俺とミスチルと香港島

僕を震撼させた、あの99.9事件(*注1)以来、iPhoneの音楽データの復興はその目処もたたずに、僕はただ佇んでいただけだっただ。

なんやかんや言っても、youtubeって聞きづらい。しかしそれなりに、スカスカのitunesとの暮らしにも慣れてきたと言えば嘘ではない。そんな日々を送っていた。

この前の月曜、香港出張を目前に控えていた僕は、準備があるからいつもより早く起きた。
朝が1時間以上早い。この日も飽きずに納豆梅卵ご飯をかき込みながら、テレビで観るのは「半分、青い」、にはまだ早いので「めざましテレビ」。
お久しぶりです軽部さん。相変わらずの蝶ネクタイ。
何の気なしに見ていたが、今日のコーナーはライブDVD売上ランキングだそうで。
ん、あれ、なんで今更ミスチルのライブDVDが2位なんだ?結構これ前のじゃない?って思ったと同時に、軽部さんがさ、
「ミスチルはデータ配信が始まった影響でDVDも再びランクインしたようですねぇ」って。
え、ちょっ、軽部さん!今なんて?!

店に向かう電車の中で早速itunes。あるじゃんっ!ミスチルがあるじゃんっ!!

最高。。。
なんかもうミスチルなんて聞き飽きたわって思って(自分に思い込ませようとして)たのに、めちゃいい。。。
そしてなんか悔しいけどアップルセレクションのやつもいい。。。

アップルさん、今度はスピッツも、お願いします。
と、いうわけで、滞在期間が賞味9時間という香港グルメ弾丸ツアー、ミスチルのおかげで無事、全行程完了。
お粥2杯に揚げパン2本。飲茶で点心5種類食べて、中国茶がぶ飲んで。ちなむにこの飲茶のレストラン、最高だった。味はもちろん雰囲気も。最初にさ、茶碗洗うじゃん。あんなん普通、ほとんど儀式じゃん。けどね、ここ、マジで汚いの(笑)本気で洗わないとマジでやばいやつだった。
あそこは次回もまた行きたい。そして今度は絶対泊まりで行って、調理師免許持ってないモグリの料理人がやってる店にも行きたい。あと、花様年華のロケやったレストランも行きたい。

そんな、終わりなき旅。
(*注1)http://ansnam.blogspot.jp/2018/03/999.html

#126 ANSNAM 全部、黒い

May 10, 2018

あのハネムーン写真を超えられるかわからないけど、深い黒みを目指して。


時は少し遡ること、この前の大阪のイベント帰り。僕は京都に寄っていた。
梅田から、かわいい阪急電車に乗って京都に向かうのは初めて。電車内の雰囲気といい、車窓風景といい、ほんわかした感じがとてもよかった。事前に買っておいた梅田阪急デパ地下限定、仙太郎の黒豆おはぎを頬張りながら、コトコト揺られて。黒豆おはぎ、美味しい。これ東京でも売ってよ仙ちゃん。
平野さんとの熱い夜を過ごした僕は寝不足で、ウトウトとしているうちに京都に着いた。二条城近く、住宅地の中にそこはあった。
目指した先は、黒染め職人の馬場さんとこ。


黒。オンリーロンリー黒ーリー。
京都という土地柄だからか、黒の専門染色。全国から何百反、何千反という生地がここに集まったという。この方はそこの5代目柊屋新七こと馬場さん。土日に一人、社内の奥の染色場にて手染めをしているという。長い期間を経て、編み出されたその黒の染色法。敷地内にある井戸から汲み上げてきた水(京都の有名料亭などで使われているらしく、この時もわざわざ使いっぱ君が汲みに来ていた)を使い、一枚一枚を染めてゆく。その黒は確かに風合い豊かで、独特の強さを持っていた。


さもストイックな、アルチザンなお人なんだろうと、僕は緊張気味に訪問したのだが、真逆。ベシャリが止まらない。しかもこの黒染め使って、アニメとかいろんなチャラめのコラボとかしてんの。テレビの情報番組の取材とか、めっちゃ受けてるの。サイン色紙とか自慢してくんの。
なんかほら、もっとこうさ、雰囲気で語りかけるような、ヨージヤマモトさんみたいなさ、そーゆーのかと思ってたんだけど。。。
でもさ、むしろこういう感じが好きよ、俺は。

わざわざANSNAMオリジナルで織ったリネン100%の生地を、この黒で染めてもらいました。あんまり日本にはないのよ、スカスカではなく、ゴリゴリでもない、シャトル織機でゆっくり織った少し厚みがあってコシのある生地。万能の肉感。シャツでもパンツでもジャケットでも。夏でも秋でも、仕様によっては冬もいける。
店にパンツのサンプルが掛かってます。それ見て、雰囲気掴んだら、一緒にアイテム考えましょう。実はGWにすでに出してて。生地の残り少なめです。


あと、お手持ちの服で、色に飽きちゃったり、色が褪せて悲しいなって時はここに送るといいですよ。というか、黒染めができるのって、もうここ位しかないっぽいし。黒に、色変えると生き返る。

カエルは楡野家の守り神やよ。(「半分、青い」より)

半分、青い

May 9, 2018

お はよう 世の中

7:50に目を覚まし、ご飯のパックをチンして、納豆かき混ぜ、郷土の森の梅干し潰して、黄身を落として、はい、完成。チューブの味噌汁と合わせて、テレビの前へ。
めざまし占いの順位を確認したら即NHK。「おはよう日本」の左から2番目のお姉さん好き。

そして、朝が始まる。
キュンキュンが止まらない。やばいよね、「半分、青い」。
朝からこんなにキュンキュンしちゃっていいの?最高。
鈴愛ちゃんの大粒の涙が可愛い。律くんかっこいい。二人のやり取りが、もうたまらない。この前の天気雨のシーンとか、二回観たわよ。
あと、源ちゃんのオープニングテーマも好き。木琴がいいね。本当、素晴らしい朝よ。
でもねけどね、一つだけ、不満がある。
この鈴愛ちゃんこと、永野芽都ちゃん、俺の友達の新妻ちゃんにそっくりなの。言われて気付かされて、もう青天の霹靂、永野芽都=新妻ちゃん。だからこのオープニング観たら、ほぼ同時にその子の事を思い出すわけ。と、そこまではいい。新妻ちゃんも可愛いし、いい子だし、ほんわかする。
がしかし、この後、その子の旦那のことまでも、つい思考が連なってしまう。これが良くない。あいつは朝に向かない。この素晴らしき「半分、青い」の世界の中に入れたくない。が、そう思えば思うほどに、彼のことを考えてしまう。そしてついにその連鎖は、彼らのハネムーンの写真にまで行き着く。日に焼けた彼が闇夜に溶け込むという、半分、黒いあの恐ろしい写真を思い浮かべてしまう。アァ。。。
というのが毎朝の、一連の流れ。源ちゃんが歌い終わる頃、ここに至る。
だが、そんな淀んだマイナススタートも、鈴愛ちゃん達のキュンキュンストーリーがちゃんとそれを凌駕し、浄化してくれる。
明日からの東京編もまた、楽しみ。

#125 プロジェクトブランド アクト2(前編)

つい昔、と言っても3年くらい前まで、LYTHAというブランドをやっていた。これはANSNAMとは別に、私が行っていたプロジェクトブランドで、客層の分母の多いところまで価格帯を下げるという、ただのセカンドブランドとは異なる意味合いのものだった。ANSNAMが服のみをデザインし、先に進もうとするのに対して、このブロジェクトブランドは、ハードウェア(システムの構成)のデザインを試行する場所。

アクト1のLYTHAでは、アパレル産業の川上から川下という、立場的意識の流れの構造に踏み入り、フラットにし、服作りの垣根をなくした。
その仕組みはまず、生地や縫製などの生産工場(川上)からコレクションサンプルの開発費を一部負担してもらう。そして、ANSNAM(川下)からは製品タグやウェブサイトに生産背景の開示と工場の連絡先を掲示、また、役割を終えた後のサンプルは工場へ無料で譲渡する。
これに依り、ブランド側は、コレクション製作時の初期投資リスクを減少させることが可能になり、それに伴い、健全な利益率を保持したままに、店頭価格設定を下げることが出来る。同時に工場さん達は、店頭の商品やweb上で宣伝や営業活動が自動的に行われ、実質的なプレゼンテーション、差別化、また、営業に於ける人件費や交通費の削減につながる。そして、先述のサンプル開発費負担分の回収が充分に可能になる。
こうして、ペイフォワードの思想だったり、利他主義を展開、循環させることで、形成を変化させ、アパレル業界の互助装置として機能させるというシステムデザインがLYTHAだった。

が、やっていくうちにさ、LYTHAは段々と、ANSNAMのクオリティや、デザインさえも重なってきて、あんま分ける意味なくなってきちゃってさ、どっちでもよくなっちゃった(笑)。他にもちょっと理由あってさ、まぁ、とりあえず止めちゃった。えへへ。

さて、それから時が経ち、今じゃまさかの白金台に店は移転。ついに、超絶に苦手だったオペレーション管理してくれる人も入ってくれた。ということで、またプロジェクトブランドを立ち上げます。LYTHAとはまた違う、以前から温めていたアイデアを形に。
(後半に続く)


#124 ANSNAM ニットシリーズ

Apr 28, 2018


完璧に、隙のない、どこまでも、あなたの希望叶えちゃう、そしてまた、その期待を超えちゃう、かもしれない、そんなニット群。

色味のイメージを、薄らと考えてきてくれると、話は多少スムーズかも。けどもそんなの考えなくてもOK。だってここにデザイナーいるもの。任しといて。
あけどね、一つだけお願いがあります。
それは、夕方前までにお越しいただきたいってこと。弊社のショップの照明系がオレンジ系だから、ニットの糸の色が分かりづらくなる系なの。


今日、突然の来客が2件もあって、先の1件は、また明日書きます。で、もうあとの1件は、はい、姪っ子ちゃんが店に遊びに来てくれましたん。
接客中だったけど、顧客さん放置しちゃった。ごめんなさい。
いつも是政の実家で見る姪っ子ちゃんだけだったから、超新鮮。なんかちょっと緊張気味の、よそ行きおすまし姪っ子ちゃんでしたん。



しかしながらの、コムサである。所詮、私は叔父。姪っ子ちゃんに関することその全てに於いて、決定権などあるはずもないのだ。

#123 I am dork

Apr 27, 2018

男の名前は岡野隆司。
新ブランド「I am dork」のデザイナーである。

ひょんなことから、僕達は出会う。
以前、顧客さんのウェディングの依頼を受けた際、「la fleur」にて、ブートニアを作った。そのアトリエの隅にいた、赤いニット帽の短パンおじさん。カジュアル、というにはいささか崩しが効きすぎてて。もし電車で隣の席が空いてても、僕は座らない、そんな感じ。そんな岡野さん。
しばらくの間、ほとんど会話しなかったのは、お互いに人見知り故。通う毎、だんだん距離が近くにつれ、話すにつれて、僕は気づいた。
その男、風貌につき、
誤解していたが、どうやら中身が乙女だ。目をつむり、やっと見えてくるその儚い少女性。ピエール=エルメのマカロンが大好きなガールオジさん。そんな彼の作るレディースブランド「FOR flowers of romance」は、確かにそのガールパワーが炸裂している。女性が身にまとって動いた時の、布の分量がとてもいい。あたたかい日に咲く花の優しさ。
http://for-lafleur.blogspot.jp
https://www.instagram.com/forflowersofromance_lafleur/

そんなガールオジさんが、自分用のメンズコレクションを作ったらどんなだろう。面白そうすぎる。で、話を持ちかけたってわけ。

音楽が好きでスケボーばかりしていた岡野少年は、ホントそのまま、残念ながらそのままに、成長してしまった。作る服は、そんな岡野さんの普段着。90年代のスケーター達をイメージしたコレクション。ビースティーボーイズとかレッチリとかスパイクジョーンズとかさ。超ナツいあの頃の。
ラリー=クラークの映画「KIDS」に出てくるような、ストリートの少年達の着ていたカジュアルアイテムを、岡野さんの目線で再解釈したデザイン(あごめん、「再解釈」って言ってみたかっただけ。かなりあの頃のまんま。シティボーイ感なし)。で、僕はパターンや仕様、素材など製作面をガッツリ監修。ウチが持ちえる最高レベルのクオリティで、それらクズアイテムをブチ上げる。

で、このブランド、うちの店だけじゃつまんないなって、全国のセレクトショップにも置いてもらえたらいいなって思い、先週今週、バイヤーさん向けに展示会をしてましたの。バイヤーさん、買って、いっぱい買ってちょ。

で、みなさんにもこのGWからご覧いただけます。納品は、8月9月そのへんで。
モノの説明はまた今度。