#99 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk Show

Jan 19, 2018

何もかもを言葉の中で表現し、言葉でカテゴライズし、整理する。頭で理解されたものは、その安全圏の中で吟味され、ようやく受け入れられる。
では、カテゴライズできず、かつ言葉でも表現できないものは。それらに対しては、どうしても戸惑ってしまうし、畏怖を感じたりしてしまう。

彼の靴はそんな対象の一つなのかもしれない。前述の通り、老舗の英国紳士靴店からの依頼を受けたり、ロンドンのロイヤル カレッジ オブ アートで講師を務めたり、いわゆるクラシックなドレスシューズの製作を手がけている。かたや、ご近所付き合いで時々、too goodやP.R.Patterson、hostemの手伝いもしてたり。
そして、彼セバスチャン自身の作品は、また別のところにいる。それらのクラシックやアルチザン系という枠内にいない。だから困る。綿密に構築されたクオリティと、ほとばしる感性の構造。こんな靴があっただろうか。カテゴライズができない。できもはん。
ま、本当は、こういう作品に対して言葉で表現すること自体が野暮で。"don't think, just feel"というやつだ。

そんな彼の持ち味をあえて言葉で分析するなら(だってこれブログだもの、野暮とはいえ言葉で伝えなきゃね)、頑なにハンドソーンウェルト製法で、エッジィの効いたフィドルバック、しっかりとした作り。それに対して素材は、主にイギリス国内のベジタブルタンニンで鞣された革を使っている。これらは非常に特徴的な革ばかりで、様々な革を彼は一枚単位で手に入れているようだ。聞けば、気になったタンナーには直接足を運び、倉庫から生産現場まで見て回り、面白そうなものを見つけては、着分で分けてもらったり、実験段階(もしくは実験して失敗したもの、けれどそこに美しさを見出したもの)のカオスを掻き分けて。うん、そそ。やり方、ウチとめっちゃ似てるでごわす。

というわけで、素材は出会いです。このタイミングでしか出会えない革、もう二度と出会えない革、多数あります。僕がオーダーしたのも、ちょうど訪ねたその日に届いた革。
ちなむと今回の来日に合わせて、その僕の仮縫いもお願いしているから、タイミングよければその風景見れます。うふふ。あぁ、楽しみすぎる。

あ、あと、普通に綺麗なボックスカーフなども用意してくれるから、荒々しい仕上げにしつつ、アッパーはそれを隠した澄まし顔、というのも一興。もしくは普段アウトワーカーとして作っている老舗の靴のようにちゃんと綺麗に作るんだけど、ほんのり彼の匂いを漂わす、のもこれまた一興。あと、エグい革なのにスマートに作るのも、こぴっと良いじゃんねぇ。

彼のインスタグラムを見ると、今までの革たちを色々見れるので、ちょっと覗いてみて欲しい。合わせて色んな型のオーダー靴もあるから参考にしてみて。
https://www.instagram.com/sebastiantarek/
どう作るにしても、着るものを選ばない靴になると思う。週末のカジュアルの時はもちろん、平日普段のスーツの時に、足元だけ反逆。いや、ルールギリギリの範囲内、文脈の延長線上での紳士的反逆。
 明日から。

#98 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk Show 詳細

Jan 17, 2018

サンプルが先に到着しました。
やっぱり全然違う。オーラが。

セバスチャン=タレク ビスポーク トランクショー
1月20日(土曜)、21日(日曜)
12:00~19:00
*アポイント制ではありませんが、アポイントを頂いた方を優先させて頂きます。また、どうしても時間外ご希望の方は応相談です。
info@ansnam.com
03-6721-9192
090-4452-3708

価格:短靴35万円〜、ブーツ39万円〜 共にシューツリー込み(英ポンドからの換算です。過去の他ウェブサイトの記事から比べると値上がりしていますが、それが物価ってもんです。また、今回は初回ということもありこの値段ですが、次の来日で、ほぼ確実に値上がりするそうです。なので、今です。
とりあえず、週末までに為替レートが1年前と同じくらいになるよう、皆で祈りましょう)

オーダーの流れ:採寸、デザイン案、素材など決定してから半年後、仮縫いがあります。そこから調整が入り、製作に入ります。そしてまた半年後に納品となります。つまり、一年です。もちろんセバスチャンには毎回来日してもらい、彼との直接の話し合いの中で進行していきます。(英語話せなくても大丈夫です。僕が通訳に入ります。ここでついに僕の、インターナショナルインテリジェンスな一面をお見せできちゃうわけ。惚れていいよ)

お支払い:受注時に前金として半額くらい、納品時に残り分となります。また、大変恐縮ですがこのトランクショーに限り、クレジットカードでのお支払いの方は、手数料として3%お願いします。彼は普段、いつも現金なんだってさ。

用意していただきたい事など:ドレスシューズの製作も可能です。ご自身でこの靴を履く想定の靴下を着用もしくはご持参ください。また、もし飛行機から降りた直後など足にむくみがある際は、採寸をご遠慮いただく可能性がありますので、しばらく時間が経ってからのご来店をお願いします。
あ、あとね、遠方やご都合により来れないお客様、ごめんなさい。セバスチャンは絶対にその人と対面してじゃなきゃ靴作りたくないんだって。通販難しいです。けどきっといつかタイミングがあった時に、是非とも。
あとねあとね、とりあえずどんなものか確認したいという方、木金は通常営業しておりますので、下見にいらしてください。多分僕はアトリエを大掃除中ですので、お声掛けお願いします。また、ご試着も可能ですがサンプルサイズは9です。サイズ合わなきゃ試着意味ないです。見るだけで。
あとねあとねあとね、素材は彼が持参します。素材も確認したい方は土日です。
どうでしょうか。ヤバいですよね。この製法でこの匂いとか。素材もぶちきってます。そんな彼の靴、素材や背景に関する話は、また明日。
すみません、今日はもう切り上げて、早く姪っ子ちゃんに会いに行きたいの。

#97 ANSNAM MODELIST Reversible Zip Blouson Egon Schiele check pattern

Jan 13, 2018

いわゆる、スウィングトップ、ハリントンジャケット、G4などと呼ばれるジップアップブルゾン。実はアンスナムでは一度も作ったことがなかった。なぜか、それは、頭の中でそのシルエットやボリューム感のイメージが湧かなかったから。シンプルが故、非常に難しい。かつ平凡に作るのでは、ウチがやる意味もない。意味がないならやらない、放置。そうして苦手意識を抱えたままに、アンスナムの時は流れ、パリで日本人パタンナーさんと出会うに至る。

実は当初、モッズコートよりも先ず、このジップブルゾンをお願いしたいと頭に浮かんだ。彼ならこのアイテムをどう返球するだろう。表面積が小さく、且つ個性を出すにも制約が多いデザイン、表現する範囲があまりに狭い。
そんなものを、またしても僕は無責任に、投げた。

そうして上がってきたのが、これだ。
見た目、普通。だが、成形されて、パターンの奇妙さがジワリとここに、滲み出てくるものがある。
彼に聞くと、このアイテムの話をした最初から、すぐにボリュームとイメージが湧いていたらしい。ストンと落ちるボックスシルエットながらジャストフィットに近い身頃。それに対し、ボリュームのある袖をはめ込むことで少し粗さを出す。そして、セットインスリーブのアームホールに見せかけて、その実は、ピボットスリーブ構造から展開させており、日常において十二分な運動量を確保している。
まさに、一般社会に紛れ込む変態。そう、一番ヤバいパターン。ぱっと見でわかるヤバさは、実はそんなにヤバくない。本当にヤバいのは身近にいて、話してみたら、よくよく見てみたら、「あ、この人って、、、』というやつ。そう思った時にはすでに遅い、そんな服。そして、そんな彼。

あと、デザイン的なアレンジですが、バックヨークを付けたり、ウエストにサイドストラップを付けたり、エルボーパッチなども可能です。


ちなみに、チェック柄のシアサッカー地を見ると、エゴン=シーレの自画像を思い出す。彼の描く揺らいだ線と、強撚の絹糸で縮んだ生地の揺らぎ方が似ている。そして、彼自身の変態性もこのアイテムにシンクロする。
シルクサッカー地を洗いにかけても、爆発的な風合いが出て面白いかも。

またしてもギリギリに上がった。
二度の停電、千葉さんの電車の遅延を乗り越え、ここに到着。
皆様、ご来店お待ちしております。

#97 ANSNAM MODELIST Reversible Zip Blouson 英国ベンタイル他

Jan 12, 2018

続いて、もう片側の生地の話。
とはいえ、こっちはもう色々。来てもらって一緒に考えるのがいいです。

英国ベンタイルと言っても厚みに依って、雰囲気それぞれ違うし、色もたくさんあるし。
日本の浜松の高密度コットンもあるし、少し大きめに作ってビンテージのスーツ地などで落ち感を楽しんでもいい。

シアサッカーとは対照的に無地。もしくは同系的に柄物で重ねるのも一興。ベーシックで着易いアイテムだからこそ、逆に遊びどころは沢山あると思われる。


予定価格:14万円前後
予定納期:3月中旬〜末


あと、まだ春のことは考えられない、そんな人にはPコート。1月になり、ちょっともうこの寒さやっぱり耐えられない、そんな人にどうぞ。ストック用意してます。

#97 ANSNAM MODELIST Reversible Zip Blouson 米沢のシアサッカー

今週末のアイテムの紹介。
モッズコートに続き、パリのパタンナーさんに依頼したジップブルゾン。
なんだけどまた例によって、サンプルは上がってない。だから先に生地の紹介をします。させてください。

この前の12月、久しぶりに日本国内、東北を巡りまして。そこで出会ったものを早速に。
米沢。どんだけ降るんだってくらい、町の家々や植木には雪囲いや雪吊が備え付けてあり、これからの厳しい季節をしんと静かに待つ町の風景は、東京にいるとなかなかに感じられない東北独特の雰囲気があって。きっと今頃本当に雪が凄いのだろうけれど、失礼ながらなんか、その自然に対する態度がカッコいい。

そんな町には、上杉鷹山が興した織物産業が今もしかと息づいており、今回行った先も米沢織の老舗の着物地屋さん。でも、今回僕が探しているのは、シルクのシアサッカー。
聞くと、ここのシアサッカーはヨーロッパのビッグメゾンから声が掛かりまくるところらしく、そのメンツに笑った。(なんか最近、あんまり彼らが凄いと思わなくなってきた、と言うか、このように現場が被ることが多いし、感覚がマヒしてると言うか、もはやむしろry)

で、そんな機屋さんなのに、社長もメゾン達なんてどうでもいいような、そもそもあんまり知らないんだよ、と笑いながらプカプカとタバコを燻らす。そして過去の栄光、自慢話が始まる。
締め切った室内で、ガンガン焚かれるストーブ。中学生の時から急に出来なくなった、めっちゃくちゃ苦手な正座。そして、滞留するタバコの煙。不快のスーパーコンボ。
そこを耐え抜いた末にやっと見せてもらったシアサッカー。足はガクガク。


そんなシアサッカーは色んな柄があって、それぞれ微妙に表情が違って、とてもいい。ほとんどがシルク100%。ほとんどが一人分か二人分。中途半端同士のミックスも可能。総柄で派手なようだけれど、シルクの光沢はそれを落ち着いて見せてくれる。
今回のサンプルはリバーシブルのジップブルゾン。もちろん前回みたいなシャツも出来るし、リバーシブルではなく、ソロでサラッと作ることも可能です。

本当はさ、今日12日金曜夕方に、実物サンプルを掲載する予定だったわけ。けどね、なんとついさっき、この店の電気がストップしてやんの。ミシンも動かず。復旧まで時間がかかりそうだったので、遠い家からせっかく来てもらってる千葉さんを帰し、自宅で縫ってもらうことになりました。だから写真のアップは明日の10時過ぎ。
この件、まず容疑を掛けたのはもちろん自分自身。わかってます、自分のこと。でも未払いじゃなかった。








#96 Sebastian Tarek Shoemaker Trunk Show

Jan 11, 2018

セバスチャン=タレク。
ロンドン、イーストエンド。かつて切り裂きジャックが歩き回り、荒れ果てていたひと昔とは違い、今ではアートが盛んだったり、人気のクラブやらショップやらが立ち並び、意識高い系のおしゃれな若者たちで賑わいを見せている地区。そこから少し離れた静かな住宅地の中に、1899年に建てられた、鍛冶屋や室内装飾品などあらゆる職人たちが、コミューンのように軒を連ねたという建物がある。そこでは今も昔と同じように、若い職人たちが集まり、製作活動をしているというから面白い。
そしてその建物の一室に、セバスチャン=タレクの工房がある。
彼を知ったのは、アイルランドで会った手織り職人さんがくれた小さなチラシ。なんともなく、それを見て、そこに小さく、彼が載ってて、白黒写真の横に添えられた一文は確か、"handmade, bespoke shoes, East end of London" 。以上。
ググったらすぐホームページが出てきたものの、無愛想なそれにはあまり情報が、ない。さらにググったらその靴は、いわゆるビスポーク英国靴とはまるで違う、そして、セレクトショップに並でいる既製品とも違う、見るからに丁寧な作りだが、粗野でもあり、なんというか質量のある、佇まいが不思議な靴だった。早速コンタクトを取り、会う約束をする。(その後、北アイルランドからバスでダブリンに行き、一泊。翌日早朝、フェリーに乗船しイギリスへ。列車に乗って北ウェールズを通り、やっとの事でロンドンに到着する。という大冒険譚があるのだが、ここでは割愛する、せざるをえまい、話が長くなるだけだもん)
そして、イーストエンドへ来た。
呼び鈴を押すが、出ない。そんな気がしたよ、この建物。しばらく待ってみたが、出ない。やはり鳴ってない。セバスチャンのアトリエであろう窓から人影がモゾモゾ動いているのが透けて見える。窓を叩く。人影は立ち上がり、小走りで入り口に向かう。開ける時にコツが要りそうな扉が開き、ついに彼と対面を果たした。
いい、男である。彼自身が彼の作品を作っているという、それが如実に伝わる。当たり前で馬鹿なことを言っているようだけれど、今の時分、果たしてそんな物作りをしている人間がどれだけ残っているのか。その職人の手汗や、体臭さえもが染み込むようなそんな物作りだ(クサいのは嫌か笑)。そもそも、靴作りに於いて、その製作過程を分業で行うのは当然のこと。しかし彼は、すべての工程を、彼自身、一人で行う。テーラードで言うと、丸縫いって言うやつだこれ。
ストイックに、ただただひたすらに、自分の追い求める靴を作り続ける。
と思ったが、それだけが彼の素晴らしさではなかった。
その巨軀は、長いあご髭を持ち、靴墨で汚れたゴツい手。けどそこに、つぶらな瞳がキラキラしてて。偏屈で強情っぱりな職人気質じゃなくて、ユーモアのあるナイスなお人柄。
聞けば自分のブランドと並行して、ジャーミンストリートの老舗ビスポークの外注製作も行っている。つまり、セバスチャンはクラシックな英国靴の職人としても一流だったし、ちゃんと社会人として立派だった、コミュ力高め。その錚々たる靴屋の名前を聞いてもビックリだったが、同時に、最初に写真で見た第一印象にも納得が入った。
彼の作る靴は、ただデザインでオリジナルなのでなく、その伝統の技術に裏打ちされた土台の上にだからこそ、成立する。質量の正体はここにあるのだと思う。
実はさ、その時、一足、オーダーしちゃったわけ。来季の買い付けの予算とか、未定だったのに。けど正解。大正解。
初めてのビスポークシューズ。ものすごく楽しかった。興奮がすごいのを、ひた隠しにしようとするもダダ漏れちゃって。お腹以外は全身JIS規格、と思っていたけど、足は少し違うみたい。甲が少し高いので、それに合わせてバランスを整え、スタイルを作る。でね、さらにそのスタイルは、その人の雰囲気を見て、決めたいんだって。デザインも含めて。だから見るのは足だけではなく、全部。そこから発想が始まると。だから、今回のトランクショーも、サンプルとして6足展示するけど、それらはあくまで参考。一緒に話をしながら、採寸しながら、生地を選びながら、作っていく。そう、つまりここアンスナムシダーのやり方と一緒。
彼と話してて思った。物作りの考え方とか追求の仕方も、僕ととてもよく似てる。そして、採寸してる時に見ちゃったんだけど、手にメモを書くクセも似てる。
けれど彼は、いろいろ忘れたり、オーダーシートをなくしたり、そんな事はしない。

Sebastian Tarek  Shoemaker   Trunk Show
1月20日(土曜)、21日(日曜)

詳細は追ってまた後日。





#95 早々から

Jan 8, 2018

新年早々、意気揚々と仕事を始めたと同時に、待ちに待ったハンドシルクニットが到着。サンプルよりも良い出来で、かなりの満足。よく分からない赤や紫の糸、ビニール紐の繊維、毛、小枝など、多彩なマテリアルが配合されてて、最高の具合です。

がしかし、大切なオーダーシートの行方が分からない。よって、お客様の連絡先が分からない。よって、今ここで呼び掛けさせてもらいます。これをお読みいただきましたら、ご連絡を頂戴できますでしょうか。本当すみません。。。
090-4452-3708(携帯)
03-6721-9192(店)
info@ansnam.com


新年を迎え、所信表明でもと思っていたが、早速ズッコケてたので、やめとく。。。(他にも、内外から怒られる大きいミスを連発。。。。)


2018年のスタート

Jan 5, 2018

明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。
オープンは1月6日(土曜)からです。

えっと、姪っ子、めっちゃかわいいっす。年末すっぽかしてゴメンなさい。

#94 ANSNAM オクトパスバイアス

Dec 29, 2017

ハンドメイドニットがこの年末ギリギリで上がってきてます。
これはアフガン編みを総バイアスで編み立てたもの。普通のニットや布帛にもない独特のドレープ。プレーンな形なのに、歪み、逃げ、捻れ、異質なものに変貌を遂げてしまう。
 カシミアの糸3本、シェットランド2本、別色シェットランド2本の計7本を引き揃えて、お客様それぞれの特別な色を浮かばせる。非常に愉しい。

けど、これらバイアスニットを編んでくれた職人さん、構造が複雑すぎて大変で、もうやりたくないってさ。
来年どうしよう。。。また探すか。。。

年末の営業 フィナーレを フィナーレを

Dec 28, 2017

31日16時まで。

パターンとかの、仕事が全然終わらないの、、、